ELSI

研究・活動

研究者

井田 茂

井田 茂
氏 名
井田 茂
役 職
主任研究員 (副所長)
専門分野
惑星形成論
E-mail
ida_at_elsi.jp
ida_at_geo.titech.ac.jp
TEL
03-5734-2620
LINK

http://www.geo.titech.ac.jp/lab/ida/ida/

主要業績/受賞歴

1.Ida, S., Lin, D. N. C. & Nagasawa, M. 2013. Toward a Deterministic Model of Planetary Formation. VII. Eccentricity Distribution of Gas Giants Astrophys. J. 775, article id. 42, 25 pp.Hasegawa, Y. & Ida, S. 2013, Do Giant Planets Survive Type II Migration? Astrophys. J. 774, article id. 146, 9 pp.

2.Nagasawa, M., Ida, S. & Bessho, T. 2008. Formation of Hot Planets by a Combination of Planet Scattering, Tidal Circularization, and the Kozai Mechanism. Astrophys. J. 678, 498-508

3.Ida, S. & D. N. C. Lin 2004. Toward a Deterministic Model of Planetary Formation. I. a Desert in the Mass and Semi Major Axis Distributions of Extra Solar Planets. Astrophys. J. 604, 388-413.

4.Kokubo, E. and S. Ida 1998. Oligarchic growth of protoplanets. Icarus 131, 171-178.

5.Ida, S., R. M. Canup, and G. R. Stewart, 1997. Lunar accretion from an impact-generated disk. Nature 389, 353-357.

6.Chushiro Hayashi prize, 2006: Theoretical study of planet formation

研究概要

太陽系および系外惑星系の惑星の形成/進化過程を理論的手法のもとに研究しています。対象は、原始惑星系円盤、円盤内のダスト、微惑星、地球型惑星、巨大ガス惑星、惑星大気、衛星、小天体群など多岐にわたります。主に使う手法は、重力N体シミュレーションや流体シミュレーションを始めとした数値シミュレーションですが、円盤や系外惑星の観測データは常に意識し、観測チームとの連携もとっています。系外地球型惑星のハビタビリティ(生命居住可能性)の議論を基礎に、地球外生命にもアプローチしています。