ELSI

研究・活動

研究者

小南 淳子

小南 淳子
氏 名
小南 淳子
役 職
研究員
専門分野
惑星形成
E-mail
kominami_at_elsi.jp
kominami_at_mail.jmlab.jp
TEL
03-5734-2678
LINK

https://members.elsi.jp/~kominami/Junko.Kominami/Welcome.html

主要業績/受賞歴

1.J.D.Kominami, J.Makino and H.Daisaka [Binary Formation in Planetesimal Disks I. Equal Mass Planetesimals] (PASJ, 2011, Vol.63, No.6, pp.1331-1344)

2.J.K.Daisaka, H.Tanaka and S.Ida [Orbital Evolution and Accretion of Protoplanets Tidally Interacting with a Gas Disk II. Solid Surface Density Evolution with Type-I Migration] (Icarus, 2006,Vol.185, pp.492-507)

3.E.Kokubo, J.Kominami and S.Ida [Formation of Terrestrial Planets from Protoplanets. I. Statistics of Basic Dynamical Properties] (ApJ, 2006,Vol.642, pp.1131-1139)

4.J.Kominami, H.Tanaka and S.Ida [Orbital Evolution and Accretion of Protoplanets Tidally Interacting with a Gas Disk I. Effects of Interaction with Planetesimals and Other Protoplanets] (Icarus, 2005,Vol.178, pp.540-552)

5.小南淳子, 田中秀和, 井田茂 [Type-I 惑星移動と原始惑星形成] (日本惑星科学会誌 2005, Vol.14, No.3, pp.134-141)

6.J.Kominami and S.Ida [Formation of Terrestrial Planets in a Dissipating Gas Disk with Jupiter and Saturn] (Icarus, 2004,Vol.167, pp.231-243)

7.J.Kominami and S.Ida [The Effect of Tidal Interaction with a Gas Disk on Formation of Terrestrial Planets ] (Icarus, 2002,Vol.157, pp.43-56)

研究概要

現在までN体計算を用いて太陽系の形成過程を調べてきました。
研究内容は原始惑星系円盤の重力が地球型惑星の形成にどのような影響を与えるか、また、円盤外縁部で微惑星連星の存在が微惑星集積についてどのように影響するのか、というものに分類できます。
次世代スーパーコンピューターを使い、惑星集積や形成過程を明らかにします。
高並列計算機「京」に向けた大規模並列コードの実装を行い、大規模粒子計算を可能にします。
近年発見されています、数千個に及ぶ系外惑星の形成過程にも示唆を与えられると考えられます。

計算基礎科学連携拠点 月刊JICFuSインタビュー記事:
小南淳子[太陽系惑星形成論が持ち越してきた問題に挑む](2013)