ELSI

研究・活動

研究者

佐藤 友彦

佐藤 友彦
氏 名
佐藤 友彦
役 職
研究員
専門分野
地質学
E-mail
tomohiko.sato_at_elsi.jp

主要業績/受賞歴

1. Sato, T., Isozaki, Y., Hitachi, T., and Shu D. (2014) A unique condition for early diversification of small shelly fossils in the lowermost Cambrian in Chengjiang, South China: Enrichment of phosphorus in restricted basin. Gondwana Research, 25, 1139-1152.

2. Sato, T., Isozaki, Y., Shozugawa, K., Seimiya, K., and Matsuo, M. (2012) 
57Fe Mössbauer analysis of the Upper Triassic-Lower Jurassic deep-sea chert: Paleo-redox history across the Triassic-Jurassic boundary and the Toarcian Oceanic Anoxic Event. Hyperfine Interactions, 212, 95-98.

3. Sato, T., Isozaki, Y., Shozugawa, K., and Matsuo, M. (2011) 57Fe Mössbauer spectroscopic analysis of deep-sea pelagic chert: Effect of secondary alteration with respect to paleo-redox evaluation. Journal of Asian Earth Sciences, 42, 1403-1410.

研究概要

地球生命の進化がどのような場所・環境で起こったのか、地質学的なアプローチにより研究を行っています。5.4億年前のカンブリア爆発における最初の生物多様化事件がどのように起きたのか、南中国における野外調査を通して解明を試みています。また、生物進化の鍵となる酸素量の増減について、過去の深海堆積岩に含まれる鉄の化学分析により復元を行っています。