ELSI

研究・活動

研究者

斎藤 貴之

斎藤 貴之
氏 名
斎藤 貴之
役 職
特任准教授
専門分野
銀河形成
E-mail
saitoh_at_elsi.jp

主要業績/受賞歴

主要業績

1.Saitoh, Takayuki R.; Makino, Junichiro; Asaki, Yoshiharu; Baba, Junichi; Komugi, Shinya; Miyoshi, Makoto; Nagao, Tohru; Takahashi, Masaaki; Takeda, Takaaki; Tsuboi, Masato; Wakamatsu, Ken-ichi Flaring up of the compact cloud G2 during the close encounter with Sgr A* Publications of the Astronomical Society of Japan, Volume 66, Issue 1, id.1 2014

2.Inoue, Shigeki; Saitoh, Takayuki R. Properties of thick discs formed in clumpy galaxies Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Volume 441,
Issue 1, p.243-255 2014

3. Saitoh, T. R., Daisaka, H., Kokubo, E., Makino, J., Okamoto, T., Tomisaka,
K., Wada, K., and Yoshida, N. (2008) “Toward First-Principle Simulations of
Galaxy Formation: I. How Should We Choose Star-Formation Criteria in
High-Resolution Simulations of Disk Galaxies?”, PASJ, 60, 667-.

4. Saitoh, T. R. and Makino, J. (2009) “A Necessary Condition for Individual
Time Steps in SPH Simulations”, ApJ, 697, L99-L102.

5. Saitoh, T. R., Daisaka, H., Kokubo, E., Makino, J., Okamoto, T., Tomisaka,
K., Wada, K., and Yoshida, N. (2009) “Toward First-Principle Simulations of
Galaxy Formation: II. Shock-Induced Starburst at a Collision Interface
during the First Encounter of Interacting Galaxies”, PASJ, 61, 481-.

6. Saitoh, T. R. and Makino, J. (2010) “FAST: A Fully Asynchronous Split
Time-Integrator for a Self-Gravitating Fluid”, PASJ, 62, 301-.

7. Matsui, H., Saitoh, T. R., Makino, J., Wada, K., Tomisaka, K., Kokubo, E.,
Daisaka, H., Okamoto, T., and Yoshida, N. (2012) “Origin of Multiple Nuclei
in Ultraluminous Infrared Galaxies”, ApJ, 746, 26-.

8. Saitoh, T. R. and Makino, J. (2012) “A natural symmetrization for the
plummer potential”, NewA, 17, 76-81.

9. Baba, J., Saitoh, T. R., and Wada, K. (2013) “Dynamics of Non-steady Spiral
Arms in Disk Galaxies”, ApJ, 763, 46-.

10. Saitoh, T. R. and Makino, J. (2013) “A Density-independent Formulation of
Smoothed Particle Hydrodynamics”, ApJ, 768, 44-.

受賞歴

次世代スーパーコンピューティング・シンポジウム2008 ポスターセッション 最優秀賞

次世代スーパーコンピューティング・シンポジウム2009 ポスターセッション 審査員特別賞

研究概要

我々の宇宙には渦巻き銀河、楕円銀河、S0銀河といった多種多様な銀河が存在しています。我々の住む太陽系も天の川銀河と呼ばれる銀河に属しています。

私の研究は、このような多種多様な銀河がどのように出来たのかを、とくにスーパーコンピュータを使ったシミュレーションで明らかにすることです。

従来行われてきたシミュレーションの精度を遙かに上回る精密な銀河シミュレーションにより、銀河の成り立ちだけではなく、
太陽系のような恒星系がその形成以来曝されてきた環境の変化などの情報も明らかにすることが出来るようになると期待されます。これは生命の進化に関係しているかもしれません。

最近は、月地球系の形成や固体地球の長時間進化にも興味を持ってシミュレーション手法の研究をしています。